春の院展の出品申込書に「希望価格」とありますが、価格を書く人は多いです

春の院展の出品申込書に「希望価格」とありますが、価格を書く人は多いですか? もし価格を書く場合、幾らくらいが多いでしょうか? 自分としては大切な絵なので、本心は非売ですが、このくらい貰えるなら売ってもいい、という価格ラインはあります。 そういう事情で、客観的な絵の価値より、かなり高い価格を書いたら、院展の人の顰蹙を買うでしょうか?

だいたい、非売と書く場合が多いだろうと思います。 絵の価値は号数×作家の活動歴、キャリアがものを言うのは事実ではありますが、高かろうが安かろうが、買う人は買いますよ。

ヤフーショッピングでゾロ目クーポンがありますが、例えば、ゴールド会員の場合に対象となるクーポンが 2つあった場合は、取得して2つとも利用できるのでしょうか? 例)コールド会員限定 1800円以上 200円クーポン コールド会員限定 7000円以上 700円クーポン

※別々の、買い物でしたら、可能です。ただ、競争率、はげしいです。